生活スタイルに合わせて

哺乳瓶で授乳中

母乳育児はできるだけ行いたいという方も多いでしょう。母乳の持つ能力が赤ちゃんの成長にいいということも知られていますし、何よりこの授乳期間にしかできないスキンシップを取れるきっかけともなります。とはいえ、母乳が出づらい、また1日に何度も母乳を上げることができなくなるなど、母乳不足だけではなく生活スタイルも変わってくることがあるでしょう。そのとき、母乳からミルクに完全に切り替えるかどうかは考えどころです。

とはいえ、ミルク育児が必ずしも悪いわけではありませんし、仕事に復帰するなどの理由で時間的に母乳があげられなくなることは仕方ありません。そして、たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーを飲んでも母乳不足が改善されなかったという場合でも、ミルクに差し替えるか少しでも出ている母乳と混合にするかという方法を採ることとなりますが、悲観することはありません。...

Read More

母乳を詰まらせない

哺乳瓶で授乳

母乳不足の原因の1つに乳腺・乳管の詰まりがあります。これは、母乳を作る機能自体が発達していない、または母乳は正常に作られているのにそれが通ってくる管が発達していない・もしくは詰まっていることが考えられます。

未発達な部分に関しては致し方ない面もありますが、詰まってしまっているものは通りをよくすれば母乳不足は改善されるはずです。その詰まりの原因は、脂肪分であることが多数です。

母乳とは、血液が含む栄養分の影響を大きく受けます。血中の栄養分が浸出して母乳が生成されるためです。つまり、血中に脂肪分が多ければ、その分母乳も脂肪が多いものとなります。血中の脂質濃度が高ければ血管詰まりの原因となりますが、乳腺や乳管でも同じことです。脂質でドロドロした母乳では流れにくくなり、塊になってその場をふさいでしまうのです。...

Read More

コーヒーの代わりに

おしゃぶり

たんぽぽの根はたんぽぽ茶として飲むだけではなく、コーヒーのように煎じることもできます。たんぽぽコーヒーとして市販されており、カフェインの摂取があまりよくないとされている妊婦や授乳中のママにとっては、完全ノンカフェインのたんぽぽコーヒーは重宝される飲み物となります。

コーヒーが大好きな方も多いと思われますが、妊娠・出産してしばらくはコーヒー断ちかもしくは減量しなければならないのは何とも残念な話です。しかし、たんぽぽコーヒーならこの時期のママにも安心して飲めるものであり、コーヒーが飲みたいけれど泣く泣くあきらめておられる方にぴったりです。...

Read More